FC2ブログ

アムウェイで有名なディッシュドロップが甘い陶酔を呼ぶには

クチコミ勧誘なしで、50名のフロント構築するには


ドロップというと、佐久間ドロップの四角い缶を
カラカラふって一粒ずつ出した、
あのあまーいドロップのことを思い出してしまう。


「火垂るの墓」のあどけない妹の顔が浮かんでくるのは、
仕方ないとしても、アムウェイデッシュドロップは、
そんなイメージとは別のところにあったんですね。

アムウェイデッシュドロップは、濃縮台所用液体洗剤
のことですから、意味は、お皿の汚れを落とすといった
ネーミングだったのでした。

アムウェイ ディッシュドロップ


なーんだ、つまんない。


ハッカドロップや、オレンジドロップの方が良かったね。


一方で、ドラッグ&ドロップなんてパソコン操作の
技もあります。


適当なところへ、ファイルを移動させて落とす
という感じですね。


あるいは、ドロップアウトなんて危険な匂いのする
言葉になるケースもあるんですね。



そういう点を考えるとアムウェイディッシュドロップ
が有名になるにつれ、新しいイメージがこの言葉に
付けられて、
人々の間で思い出されるようになるのでしょうか。



いままでのところアムウェイディッシュドロップ
有名なのは、デモ実験かも知れないですね。


市販の洗剤の価格より高いにもかかわらず、
1Lがスクイーズ・ボトル(480ml)で16.6本分
になりとっても経済的なんです。

とか、

他の市販の洗剤を原液のままにして、こちらは
8倍に薄めたものを使って比べ、見た目の違いで
お客さんを驚かす。

といった片手落ちなデモンストレーションで
有名になってはいませんか。

アムウェイ ディッシュドロップ2


そんなイメージが一般に広まるのであるなら、
ネットワークビジネスにとって少しも
プラスになりませんね。


ディッシュドロップが有名になればなるほど、
ああ、あのインチキ実験などと思われたくないですよね。


震災援助や、森林資源の再生など、いいイメージを
盛んにやっている会社でもあるのですから、
公平性を欠いた実験などで有名になることはない
と思いますが、どうなんでしょう。



参加する人を尊重するのであるなら、
余計に後からわかる真実に目を背けないように
ネットワークビジネスを展開したいものです。



自分たちの都合の悪いことも平気で言える
フェアな活動で成功しているグループも
あるようですよ。



クチコミ勧誘なしで、50名のフロント構築するには





こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?