FC2ブログ

アムウェイの動画で中国の100年前が歴然とわかる

クチコミ勧誘なしで、50名のフロント構築するには

日本アムウェイの本社へ行って動画を見てきたけど
同じ動画をインターネットでも見ることができるように
なっていた。

動画をまとめてあるサイトがあるんですね。

アムウェイの創立者というより、ビタミン業界の父と
いわれているカール・レンボーグのニュートリライトの歴史も
これらの動画でよくわかります。


アムウェイ動画」で検索すれば、トップに表示されますよ。


20世紀の初め頃の中国で、
富裕層より満足に食べられない庶民のほうが、
より健康的に生活していることの不思議さに
カール・レンボーグは疑問をもった。

壊血病やカッケにかかる層が富裕層に多かったのですね。

お金持ちは、肉や白米を中心の食事、一方庶民は、
新鮮な野菜と玄米が中心の食事だった。

ビタミンやミネラルの不足だと、今ではだれでも
分かることが、当時はまだまだ未開の事柄だったのです。


その文化と食事の関連に気づいた彼は、
牛に食べさせるアルファルファの研究からスタートし、
ビタミンの歴史が始まったということです。


アムウェイプラザにもこの原点であるアルファルファが
特別なガラスケースの中に展示されています。

アムウェイ 動画


アメリカに戻ってからも、ビタミンとミネラルの研究を
続けた彼が、どのようにしてアムウェイの創立となったのか
この動画で、よくわかるようになっていますよ。


カール・レンボーグが設立したニュートリライトが
開発と販売の苦難の末、たどり着いたのが、
ネットワークビジネスの販売方法だったのですね。

そのディストリビューターであった二人が
アムウェイの創立者、リチャード・ディボスと
ジェイ・ヴァンアンデルであることはご存知の通りです。


このようないきさつが、アムウェイと関係ない人でも
動画でみることができるようになっているのも
インターネットが普及したこの時代であるからですね。


とはいえ20世紀の始まりから100年たち、
日米の間には戦争があり、貿易摩擦があったりと、
一筋縄ではなかったですが、サプリメントの流通についても
いまだに毀誉褒貶(きよほうへん)の中にあると
いっていいかもしれません。


アムウェイの世評とともに、サプリメントの評価も
薬事法の日本の中では、正しく世間に評価されているとは
言えません。



このような一見相容れない関係を
流通手段の発達と、コンピュータの発達が
両者の距離を徐々にですが、近づけていってくれそうです。


文化の交流の壁を低くするためにも
インターネットを役立ていきたいものです。


21世紀の販売方法としてインターネットを利用して
成功する人が出てきて当然かもしれません。


クチコミ勧誘なしで、50名のフロント構築するには



こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html

スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?