FC2ブログ

アムウェイの浄水器は孫悟空のキントン雲か

口コミ・勧誘しない信頼のフロントを構築する秘策


三蔵法師の冒険の旅に孫悟空は地球を一周半の秒速で走る
キントン雲というとっておきの術で活躍していたという。

アムウェイ浄水器が、日本の水をきれいにするのに
どのような秘術を使っているのかを調べてみた。

アムウェイ浄水器


アムウェイ eSpring浄水器Ⅱ(据置型)

アムウェイ浄水器製品価格は、
ディストリビューター・コストで120,700円。

高額ではあるが、このアムウェイ浄水器の水と
市販のミネラルウォーターと比較してみると、
ランニングコストは10分の一で済み、
一年間33,888円になるという。


そのうえで、安全で、美味しい水が飲めるという
このアムウェイ浄水器の超人的な威力は次の3つの秘策の中にある。

1、不織布のブレフィルターでの濾過

 水道管の藻や鉄サビなどの比較的大きな粒子を除去する


2、圧縮活性炭の採用

残留塩素やトリハロメタンなどを従来の粗い活性炭より
細かく吸着し除去する


3、紫外線照射を約一秒間

微生物、ウィルスなどを99.99%不活性化させる


秒速で地球を一回り半するキントン雲の秘術みたいに
あっという間に仕事をこなす紫外線ビーム。

まさに次々に悪い敵をなぎ倒す孫悟空のようだね。


しかし、この水はどこから来るのかをよく考えてみたら、

東京なら、利根川水系、多摩川水系のお水を使っているのは
間違いないことだよね。


日本のどこへ行っても、水道は出るようになっている。

その水がとても安全なことは、あまり知られていないようだ。


自分の住んでいる東京都水道局では

オゾン処理でカビ臭物質やトリハロメタンのもとになる物質を
分解している。

生物活性炭吸着処理で、繁殖した微生物や汚濁物質の分解処理も
している。


高度な浄水処理がされて、1200万都市の安全と衛生を
管理しているのでした。

アムウェイ 浄水器


もはや、インターネットのアンケートでも

カルキ臭を感じない人が76%にも達していると言われています。


日夜努力している水道局が供給してくれている水が
あってこその浄水器ではないでしょうか。


水道水が衛生的でなく、安全でもないとしたら、
東京の小学校や、中学校はどうなってしまうのでしょう。

毎日危険にさらされていることになります。


アムウェイ浄水器がいかに優れていたにしても、
お釈迦様の上でパフォーマンスをしている孫悟空の
使うキントン雲に見えてしまうのは、私だけでしょうか。



派手な、パフォーマンスも高額な製品を購入することも
必要ないネットワークビジネスもありますね。

とりわけ、人の心をつかむのは、相手の立場を尊重した
商売らしからぬ姿勢です。


個人がインターネットで情報発信ができるようになったために、
双方向性のやりとりをする中で培われていきます。

実は、ほんもののキントン雲は、インターネットのことだったのです。



口コミ・勧誘しない信頼のフロントを構築する秘策



こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?