FC2ブログ

アムウェイの弁護士ができなかった高視聴率パフォーマンスとは

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法


1995年アムウェイ弁護士を活躍させた法廷争いの一つに
アムウェイ商法は連鎖販売取引には当てはまらないと
主張したことがあります。
(『アムウェイ商法を告発する』の出版禁止仮処分申立訴訟)

アムウェイ弁護士は、アムウェイの業務内容が、
当時被害の出ていたマルチ商法とは別のものであるとして、
連鎖販売取引の規制対象から逃れようと訴えたのです。

アムウェイ 弁護士


しかし、当時のアムウェイ弁護士は、
テレビドラマ「リーガル・ハイ}の
堺雅人演じる古美門研介弁護士のようにはいかなかった。

アムウェイをマルチ商法じゃないとの論証ができなくて、
大金を投じたであろう裁判に勝てなかった歴史があります。

その法定での敗北依頼、アムウェイ弁護士に多額の予算を
投じる戦略をとっているといった噂もよく聞かれます。


その真偽は別として、その頃を境にピークを迎えた
アムウェイの売上高も減少に転じ、上場していた
株式の店頭公開も廃止し非公開のまま今日に至ります。
(1997年 平成9年 売上高 2,034億円  更新者数119万組)

現在は、アムウェイは、株式会社ではなく、
合同会社となっているのは、
あなたもご存知のとおりです。
(2013年 平成26年 売上高 920億円  更新者数72万組)

アムウェイ弁護士が裁判に勝利できなかったからといって、
マルチ商法がただちに違法だという結論ではないのですよ。


これは、アムウェイが非公開化された2000年の翌年、
マルチ商法は、連鎖販売取引であるとして、
「特定商取引に関する法律」の2001年6月の改正施行の
足かせを与えるということになったのです。



ブラインド勧誘といって勧誘目的を隠したり、
誰にでも簡単にできるなどと言って嘘や誇大な広告をして
勧誘をすることはまったくできなくなったのですよ。


そういった法律を守ろうとすると、
勧誘そのものが、かなり不自由な行為に見えてきます。

アムウェイ 弁護士2


しかしながら、どんなに厳しい規制に見えても
それが成立している背景があることは
厳然たる事実ですね。



人が嫌がることの中に、しつこい勧誘や、
夢や考え方の無遠慮な押し付けがあります。

それらを排除して、なおかつ、マルチ商法の利点を
ひきだしていく成功法もあるようですよ。


とんでもない規制を単なる信者の受難として
耐える宗教者のようにではなく、

合法的に、人が楽しく進んで取り組めるシステムにまで
進展させた手法は、既に10年の歳月を重ねているという
ことです。

興味がわいたらまずはセミナーで確かめてください。

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法




こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html




スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?