FC2ブログ

アムウェイの正確無比なボーナス計算に踊るアナログ人間

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法



アムウェイではボーナス報酬が中心である。

もちろんアムウェイ商品の小売収入もあるが
権利収入としては、ボーナス報酬が柱であることは間違いない。

そんなアムウェイボーナスのイメージは、一般の会社とは
かなりかけ離れているかもしれない。


アムウェイがなぜこのボーナスという名称を
使っているのかを考えてみた。


もともとの意味は、ラテン語の「良い」であったり、
「収穫や成功」から来ているので、言葉に不思議はない。

アムウェイ ボーナス2



では、一方、日本の会社のボーナス報酬は特別手当の
ようなイメージがあるが、具体的には
どんな風にあなたに支払われるのだろう。



ちょっと「ウェフR25」のリサーチを参考にしてみた。

●日本のボーナス報酬の4つのタイプ

1、企業業績配分型

その年の会社の業績に応じて、ボーナスを決める日本的な考え方、
安心感はあるが、努力が報われない?


2、個人能力評価型

社員一人ひとりの功績や能力に応じる。欧米的なモデル。
最近はそんな企業が増えている様子。


3、年功序列型

規定のボーナス額を年功によって配分する方法。


4、売り上げ反映型

業績ではなく売上額を考慮してボーナスを決める。
売り手としての社員の意識を高めるための手法。




これで、あなたの会社が、どんなふうにボーナスの仕組みを
利用しているのかがお分かりになるだろう。


おおよそ、会社の業績に準じたボーナス支給という
性格を持たせているものが多いのではないだろうか。


そうなれば、利益が出たら払うけど、赤字ならボーナスがない
という会社があっても文句を言えない。


個人の実績や、貢献度などを評価してボーナスが出るなどと
いうのもあるが、誰が判定しているのかや、算定基準の
不明朗さなどを考慮すると、いまいち信用できないことも起きる。



こうしたことを、総合して判定してみると、
4番の売上金額に応じて、ボーナス金額が決定される
仕組みには、ある種のわかりやすさと公平感が
あるのではないだろうか。


アムウェイ ボーナス


アムウェイボーナス報酬の考え方は、

この誰でも、売り上げの数字に対して一定の比率で
支払われるという方式を採用しているようだ。



会社に属している社員ではない代わりに、

明確な報酬基準によって、守られているとも言える。



さらにコンピュータの発達と、アムウェイが日本IBMとの
パートナーシップで、システムを万全なものに
改善したことなどを背景にして、この正確なボーナス計算は保証されて
いることだろうね。


それだけ発達した、コンピュータの世界を利用していながら、
インターネットの利用を取り入れない勧誘のやり方は、
少し時代とのすれ違いもあるのではないだろうか。


世界の先端技術を利用しつつ、社会の公平さとフェアな感情に
貢献している会社が出現してきてもいい時代ですね。


人々の苦手な口コミというコミニュケーションに頼らないで、
人と人の共感を結びつけることに成功している人々も
次第に増えてきているようです。

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法





こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html


スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?