FC2ブログ

アムウェイは双頭のパートナーシップで空に舞う

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法

アムウェイ パートナーシップ2


アムウェイパートナーシップといえば、
創業者の2人、ジェイとリッチの協力関係が
半世紀も続いてきたことを抜きにしては語れないだろう。

アムウェイを起業する20年も前、二人のパートナーシップは、
経済的事情から、一台の車に相乗りして
通学していた車の上で出会ったときに始まった。

ジェイ・ヴァンアンデルが16歳、
リッチ・ディボスが14歳、
折しも、1940年のこと、アメリカと日本が
戦争を開始する一年前のことである。


太平洋戦争と呼ばれて、日本人は多くの戦死者を
出した。無残な戦争が日本の敗戦で終わり、
アメリカはちょっとした航空機ブームになった。

19年後に彼らはアムウェイパートナーシップになるのだが、
その頃は、成人となったばかりで、今のアムウェイとは
まったく縁もゆかりもない航空機事業に飛び込んだのだ。


二人乗りのバイバーカブという、軽飛行機を買って、
操縦を教えたり、輸送に使う事業を始めようとしたんだ。

ところが、飛行場が使えないことになり、はたと困った。


そこで,二人はバイバーカブを水上飛行機に改良して、
滑走路がわりに川を利用することを思いついたんだね。


アムウェイ パートナーシップ


かれらはその後もいろいろな困難に逢いながらも、
事業を始めて2年後には飛行機の操縦教習所、レンタルサービス、
船のレンタル、そしてレストランの経営などを展開。

飛行機12機、パイロット15人を擁するにいたり、ミシガン州でも有力な
航空輸送事業者の一つになったということだ。


今のアムウェイに至るきっかけは、ジェイの
両親がニュートリライトのサプリメントを
利用していたことにあった。

そのMLMの手法に興味を持ち、二人は
ディストリビューターになるわけですね。


それからの躍進は、30年の歴史が証明している。

ふたりのパートナーシップは壊れることなく続いてきたのです。

ましてや、それぞれの子息が共同経営者として
後を引き継いでいるのですから、
磐石なパートナーシップがそこにあると言えるでしょう。



会社のいしずえが、いかに磐石だとしても、
そこに働く人にとっては、必ずしも成功が約束されて
いるわけではありませんよね。

個人事業主として、ダイレクトマーティングをすること
は、創造的であり、自由な仕事であることは確かです。


しかし、創業者の一人、ジェイが、

困難な初期の事業を乗り越えたとき得た教訓として、

「まだ他人が眠っている間やテレビを見ている間に
懸命に働き、しかも頭を使って働く」


「忍耐と信念のみが万能なのだ」

といった言葉を残しているように、

努力と工夫が必要であることもまた確かですね。


口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法






こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?