FC2ブログ

アムウェイのフライパンが安物に見えるバイオタンとは

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法



アムウェイパンといえば、アムウェイ クィーンの
クックウェアのピカピカしたシリーズに目を奪われる。


21ピースセットで135,770円する。


ただし、フライパンやウォックパンに限れば、
一台一万円から2万円台だ。

ちなみに、フライパンとウォっくパンのどこに
違いがあるのかというと、底の深いのが、
ウォックパンで、浅いのがフライパンということらしい。


1台ずつ見ると、それほど高いものではないと
思えたのは、ネットでフライパンの有名どころを
見て回ったからだ。


アムウェイ パン



フライパンが今のように、焦げつきのない表面に
加工されて広がってきたのは、1950年代だという。

フランスでメーカーの技師の奥さんが、

「フライパンのミルクのこびりつきが困るのよ」と
文句を言ったことに発奮して、

世界で初めて、アルミニウムにフッ素樹脂加工を
施した独自の技術を開発したそうだ。


これをノンスティック加工といって、
アムウェイパンシリーズにも採用しているとおりだ。


このメーカーは、ティファールのパンとして有名だ。


一方、21世紀に入ってからの、フライパンは、

バイオ技術により、焦げ付かないだけではなく、
環境にやさしい循環型のプライパンも出てきている。

デンマーク発、革命的コーティングとして、
フライパンの世界中の注目を浴びているらしい。

ガストロラックス社が開発したバイオタンの
フライパンシリーズは、

1台、2万円台から、3万円台が中心の価格になっている。



これらのフライパン状況を見ていると、
アムウェイの先進的クックウェアもそれほど高額には、
思えなくなってきた。


いいものなら、高くてもいいですが、

それと引き換えられる価値があるかどうかが
いつも問われるところです。

アムウェイ パン2



自宅で作る料理に使う、調理道具に
とびきりの価値のあるものを使いたいなら、
インターネットで調べてみることを一度は、
してみたいですね。


フライパンひとつにも、種類がたくさんあって、
優れた製品の開発は常に起きています。


ネットワークビジネスの集客方法も
従来の口コミだけではなく、
インターネットが利用されて不思議ではない時代に
なってきましたね。

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法




こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?