FC2ブログ

アムウェイがピラミッドならインターネットはスフィンクスだ

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法


アムウェイ ピラミッド


アムウェイっていうのは、ピラミッドだろ?
なんと言う人もいる。

思わず否定してしまう関係者も多いだろうが、
ネットワークビジネスに対する
ちまたの評判はそのへんのところのようだ。

アムウェイがいわゆるピラミッド商法というものと
違うことを強調するのは、
アメリカでは、ねずみ講のことをピラミッド商法と
呼んでいることからきているのだろう。


ところが日本では、ピラミッド商法といっても
ほとんどの会社組織というのは、ピラミッド型なので、
それほど悪いイメージは、起きない。


それより、アムウェイなどのネットワークビジネスと
いう言葉を聞いただけで、


「あーあのあくどいやつか」

なんて言われると、思わず、カッとなって、

「そんなことあるか!」

などと否定してしまうことの方が問題なのだ。


これは、自分の所属しているシステムの全否定と
受け取りがちであるが、そうではないのだ。


相手は、おそらく全否定のつもりではなく、
なんとなく、一般的な世間のイメージを率直に
語ったつもりなのであろう。


まあ、ちょっと無遠慮であったとしても、

口を塞がせるほど、いきり立つことではない。


言わせておけばいいんだ。

アムウェイ ピラミッド2


どうしてかというと、
たとえ偏見であろうが、批判を受け付けない態度は、
絶対的な価値観に洗脳されているような印象を
相手にあたえてしまう。


ネットワークビジネスのアムウェイに対してであっても
世間の評判や、批判があるということには、
それなりの客観的な事実も存在しているからであろう。


ピラミッド型が批判ではなく、事実の部分もあるのだから、
いたずらに否定しないで、認めた上での会話に
していけばいいんですよね。



とはいえ、人はどうしても、直接的に面と向かって
否定されたり、攻撃されると感情の方が大きくなり、
冷静に会話を続けるというのが難しくなる。



一方で、こんな人間の弱点をカバーできるものとして、
インターネットの双方向性を利用した
会話はどうだろう。


その瞬時の感情の高まりを、少し間を置いて
コントロールできるのではないだろうか。



直接的な会話の、まずいやりとりの失敗を減らし、
後悔することを少なくしてくれるのではないか。


顔を突き合わせて、会話することだけが、
コミニケーションの唯一の手段ということも
ないのです。


直接的な会話が苦手な人であっても、決して
コミニケーションの能力がないということでは
ないのですよね。



その場の雰囲気や、相手の勢いとか
情報の内容以外の要素で、コミニケーションが
かき乱されているだけなんです。


インターネットは、こうした人々にも
物事を伝達する手段を与えてくれています。


直接に人と触れ合うことは、感情が高まり、
大きな感動を経験したりできるメリットがあります。

それと同時に、嫌な感情が高まり、自己嫌悪に
陥るくらいの後悔や、幻滅を経験するリスクも大きいのです。


嫌な経験をバネにして、インターネットでの
ネットワークビジネスを展開している人もでてきました。


口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法





こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.htm
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?