FC2ブログ

アムウェイの歴史を背負うピラフの謎

口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法


今回は、アムウェイの料理教室でピラフを作ることにする。

ここでもウォック、鍋、フードプロセッサー、そして
エサンテなどを使って、それとなくアムウェイの製品を
ピラフのレシピの中に盛りこんである。

このアムウェイの製品を使うことを忘れては
行けないが、売り込むのはそれだけじゃない。

アムウェイ ピラフ


アムウェイピラフを作る過程で、炊き込む時間が
必ず十数分あるな。

この時間を有効に使うことで、いつの間にか
アムウェイピラフが出来上がるというのはどうだ。


美味しいだけじゃなく、賢くもなるな。


ピラフって、チャーハンとどう違うの?

パエリアとか、リゾットとも言うよね。

こんな疑問に答えていくとしたら、
待ってる間も退屈しないだろ。



ではいくぞ、
最初の質問の答えは、こうだ。

ピラフは、お米を先に炒めてから、炊く。

チャーハンは、炊いてあるお米を、炒める。

シンプルな違いだね。


じゃあ、次の質問、
リゾットとパエリアは、どう違うのか?

両方とも、ピラフと同じ、あとから炊くタイプだ。

どこが違うかというと、

リゾットは、お米を炒めてから炊く。

パエリアは、お米を炒めないで生米のまま炊く。


特徴だけを言うと、これもシンプル。

入れる具とか、バター、クリーム、香辛料で
味わいは様々になることも言うまでもないがね。


アムウェイ ピラフ2



では、名前の違いはどこで区別するか?


ピラフは、トルコが発祥地でフランス料理。

リゾットは、イタリア料理。

パエリアは、スペイン料理。

チャーハンは、中国料理。

そして焼き飯として、我が日本料理にもなる。



アムウェイはアメリカが発祥地ですが、
ピラフには世界中の国々の文化がからんでいるのですね。


うんちく談義で、頭も柔わらかくなったら、
出来上がったピラフを食べて、交流を深める。


食文化が浸透するのも、長い歴史がかかる様に、
このビジネスが一般的な人々に理解されるまでには、
まだまだ時間がかかるようです。


コツコツと料理教室で、親交を深めていく
戦略もいたしかたないといえるでしょうか。



料理教室で人を呼んだりできない人にも
直接、人を招待しなくてもネットワークビジネスで
ダウンを増やすことに成功している人々も
いるんですね


口コミ・勧誘しないでダウンを集める方法







こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html






スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?