FC2ブログ

アムウェイが奇妙に良いのは人を愛してるから


アムウェイ良いところはズバリ、
人は変わることができると思わせてくれる
ところだ。



封建時代の百姓であったりすれば、
一生、どんなにあがいても百姓で終わる。


確かに人間の魅力は、百姓から関白になった
豊臣秀吉のように、変わっていくことが
できることのなかに色濃くある。


変われない人は退屈だ。

何を言っても、同じ反応しかしない人。

何度も同じ言葉を繰り返す人。

このことは、アムウェイ良いところばかり
を強調していることにはならない。

攻守ところを変えれば、諸刃の剣ともなる。

アムウェイ 良い


一方で、
謹厳実直(きんげんじっちょく)、毎日決まった
ルーティンをやり
誠実なもの作りをしている職人のような
生き方に魅力を感じることもある。

しかし、その中に、試行錯誤して、スキルの練磨と
気に入ったものを作り上げようと
絶えず変化を求めている姿があることも
また感じ取ることもできるじゃないか。


変化しないことを繰り返すだけなら、
流れ作業をこなす機械に任せたほうが、
ずっと正確で、コンスタントにできる。


ロボットに任せたほうがいいと
言わなかったのは、もはや人工知能を持つロボットの方が
将棋やチェスでコンピュータが勝利しているように
変化を推測することに秀でていると思わざるを得ない。



AI=人工知能に使われて
人間のほうが奴隷のように扱われる時代が
こないとも限らないじゃないか?


人は、変化をしていかない限り、生き延びていく
ことができない。

どんな些細な生活の中にも、対応力、適応力を
失うことは、危機的な状況と言えるではないか。


だからといって、変化していくことだけが、
金科玉条(きんかぎょくじょう)の生き方だと
言うつもりもないのだ。


変化ばかりしている人間なんて、なにか化け物にも見える。

そして人は、老いていく変化、あるいは、未発達な領域という
抵抗できない変化もかかえながら生きていく。


変化していく能力だけが全てではなく、
多様な段階のすべてを受け入れることができる大きな
尺度のある容器ももっていて欲しいじゃないか。



地上に、エリートだけが住めばいいという価値観だけじゃ、
人類が滅びるのも早くなるというものだ。


AI=人工知能が、まだ遠く及ばない「愛」の領域に
人は活路を見出すよりほかにないのだろうか。


異文化交流と多様性で343人をリストアップした驚異の手法
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?