FC2ブログ

アムウェイの地上の楽園ランドサットアワードの裏側

アムウェイランドサットと名づけた賞がある。

ランドサットというのは、アメリカのNASAが打ち上げた衛星の
名前で、空から毎日地球の環境を観測している。


とくに陸地を中心にして、その観測データを逐次
地球に送られてきているそうだ。

アムウェイが日本に上陸した1979年頃には、
ランドサット2号の任務が終了し、2014年現在では、
8号機が依然として活躍しているようだ。

この40年くらいの間に、ランドサットの情報が
もたらせてくれている特に目立つ陸地の現象は、
砂漠化ということです。

アムウェイ ランドサット


毎年、日本の本州の半分位の1000万ヘクタールが
砂漠化しているというのです。

ちょっと驚きですね。

このまま行けば、緑の草木が豊かで、青い地球が
火星のような赤い星になってしまうのでしょうか。


砂漠が増える原因は、雨が降らないなどの自然現象だけ
ではなく、人間による、過放牧や過耕作、
また焼き畑や無計画な木の伐採などがあるとのことです。


このことから、今までと同じペースで
砂漠化していくことを防ぐ手立ても考える余地が
ありそうですね。



地球の資源は、無限に開拓できると思うことが
このことからも、少し考慮しなければならないことのようです。


際限のない発明や工夫と、限度を知らない人間の欲望との
間には、どんな違いがあるというのでしょう。



アムウェイランドサットアワードで地上の楽園を
演出するのも悪くはないでしょうが、

空から本物のランドサットは、砂漠化を警告して
もいるのです。


ここには、人間が地球上で生きていく
宿命的な永遠の課題が横たわっていそうですね。




アルバムも名簿も見ないで343人をリストアップできた


スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?