FC2ブログ

アムウェイが woodnoteに横流しなんてとんでもない



woodnoteウッドノートとは、アムウェイほか
ネットワークビジネスの会社の製品を
オンライショップで売っている会社なんです。

90年の歴史ある老舗なんですね。

秋田県の横手市といえば、大きな雪のカマクラで
有名なほどの雪深い山の中に位置している盆地ですよ。

そうした大都会からは、かなり距離のある地方で、
大正13年に呉服屋さんからスタートして
今や、時代の先端を走るオンラインショップへと
発展しているwoodnoteというお店なんですよ。


アムウェイ woodnote


アムウェイの製品が、どんなに安く
売っているのかちょっと調べてみました。

トリプルX(レフィル)が 7,280円(28%引き)

トリプルX(3セル)が 8,351円(28%引き)

ドリーミィナイトが  2,513円(28%引き)

ドリンクガードが  3,260円(28%引き)

こんな感じですが、どうでしょう。



ちなみに、アムウェイのディストリビューター・コストでは

それぞれが

トリプルX(レフィル)が 8,960円

トリプルX(3セル)が 10,280円

ドリーミィナイトが  3,090円

ドリンクガードが  4,010円


こんな価格になっています。


メンバーズプライスから見ると35%位の割引ですが、
ディストリビューターコストからは、
28%位の割引価格です。


これで商売になっているのは、なかなか
目の付け所がいいのかもしれませんね。


しかし、それこそ品揃えについては、まったく
お客さんのサービスに値しないでしょうし、

健康食品の定期的に常用するという性質にも
応えることができていないとも言えます。

アムウェイ woodnote2


ネットワークビジネスを社会が求める
仕事であるとするなら、

このオンライショップは、
ネットワークビジネスの前向きの性格とは
相容れないところかもしれませんね。



ただ商売には、いろいろな形態があって
いいのかもしれません。



少なくとも、他人の権利を尊重し、
社会正義に反しないことさえ守っていれば、
どんな目標であっても、実現を目指して
努力し工夫していくことは、尊いことだと
思います。


製品の流通のすきまを埋めるこうした
お店が繁栄できるのも、多様性を持った
社会だから出来ることなのでしょう。



人と出会うことなく343人をリストアップした驚異の手法
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?