FC2ブログ

日本アムウェイに外国人が獅子奮迅の活躍をしたワケ


アムウェイが日本に入ってきたとき、外国人が創立に際して
そうとう尽力したのだろうね。

外国人が日本に持ってきたものは、鉄砲、仏教、キリスト教
とさまざまありますが、アムウェイという
ネットワークビジネスもそのひとつでしょう。

外国人が日本へ進出するのですから、どれだけの異文化という
壁があったことでしょう。

言葉、考え方、習慣から、すべて違う中で、よく伝えて
これたものだと感心します。

アムウェイ 外国人


アムウェイのように、人から人へ商品の良さや、
ビジネスのメリットを伝えることなんていうのも
大変に難しいことだったと思うのです。


今までなかった考え方を、説明したり、理解をして
もらうという作業なんですからね。


それとよく言われることなんですが、
一般の多くの日本人は、外語人と普通に会話することが
苦手のようです。

日本語を話す外国人に対してでも、外国人なまりの

「オー、そこをライトに曲がってネー」なんて

変な日本語で応対している場面を見かけることもあります。

まあ、それだけ日本人っていうのは、異文化に対して、
優しい民族性をもっていると言えるのかもしれないですね。



このような外国人を理解しようとする懐の大きい
日本人ばかりではないことは、
あなたもよく知っていることだろうと思います。


いずれにしても
日常的に外語人と接する機会が少ない日本においては、
外国人に接するということは、
特別に構えてしまうという行動のひとつなんでしょうね。


アムウェイ 外国人2


この特別に構えてしまう行動というと、
ネットワークビジネスに対する人の接し方にも
通じるものがあるようです。


異文化に対して、頑固に自分を守ろうとする人、

積極的に、理解しようと柔軟な考え方をする人。


どちらが、人間として豊かな行動になるのでしょう。


世界中のネットワークビジネスの流通量を
みると日本の流通量がトップクラスである現実が
示しているように、異文化を受け入れることが
いかに豊かさにつながっていることかと
今更ながら思い知らせれることでもあります。




異文化を柔軟に受け入れる姿勢の中に
豊かさを実現するエッセンスがあるのでは
ないでしょうか。


従来の人と会って口コミで勧誘することと異なる、
人と一切、会うことなしに稼ぐ
ネットワークビジネスで成功している人もいるようですよ。



人と出会うことなく343人をリストアップした驚異の手法
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?