FC2ブログ

アムウェイで頑張るとテロがなくならない



アムウェイ頑張るルールは、人に商品をいかに
上手く紹介していくかということですよね。

そして、アムウェイを紹介された人が同じように
商品を上手く広げていけるように教育に頑張ることです。



このサイクルがうまく回れば、成功です。


このサイクルに上手く乗れない人が脱落していく
人になりますね。

アムウェイ 頑張る


アムウェイのかかげる夢や成功物語が
嘘でないことは、現実が証明しています。

それは、それ相応な頑張るすがたであります。


しかし、実際には、そのプロセスで多くの
拒絶に会い、頑張れば頑張るほど、
アムウェイと合わない人との区別ができて、
はっきりと路線の違う人を作ってきたことも
事実でしょう。


それは、一般に友達を失うと言われるものです。

そういう面があることもまた
否定できない事実でしょう。


一方、目を上の方に転じると
グローバルに石油資源の奪い合いを続ける
力のある国があります。

かれらは、その武力と政治力を背景に
有無を言わせぬ支配の構図を形作ろうと
日夜頑張る姿を見せています。


その世界戦略のサイクルから脱落したかの
ようにある勢力が生み出されてきてもいるようです。


強国勢力側はテロと呼びますが、上手くサイクルに
乗れない人々の集団ですね。



世界制覇の理念がはっきりして強いほど、
そこから漏れる人々がでてくる可能性も大きくして
いるように思えます。

アムウェイ 頑張る2


地球上の資産を、少数の人々で専有しているのは
「100人の村」のデータを見るまでもなく
間違いないことですよね。



文明を先取りした国の欲望が、尽きることがない限り
このテロの原因となる持たざる国が増えるのも
やむを得ないことのような気もします。



頑張る国や個人がいればいるほど、
世界は一見、豊かになっていきますが、
同時に落ちこぼれて行く人の行き場のない
世界も作っていくことを忘れてはいけないのでは
ないでしょうか。


頑張ればテロを生むといった危険な考え方の
芽を摘んでおくことができるといいですね。


人を強引に勧誘したり、価値観を押し付けるような
人間関係は、テロがなくならない世界の手法に近いと
考えるのは、私だけでしょうか。


クチコミ勧誘なしで343人をリストアップする驚異の手法
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?