FC2ブログ

アムウェイの崩壊グループが下からのワケ

クチコミ勧誘なしで100人を集客する驚異の手法


アムウェイグループの最新十年間の売上高の低迷、
少しずつ減少していく会員数の傾向をしっかり見ると、
次のことがくっきりと見て取れますね。


新しくアムウェイの会員となり、バリバリと仕事を
こなし、成績別ボーナスの割合も次々に上がり、
SP(シルバー・プロデューサー)に3ヶ月でなった
という人もいます。


SPの資格を3ヶ月維持し、
GP(ゴールド・プロデューサー)になり、
さらにその資格を6ヶ月以上維持して、
DD(ダイレクト・ディストリビューター)
になる人もいるでしょう。

アムウェイ グループ


こういう人が出てくるということは、
アムウェイの製品の流通量を増やし、
新しい会員を紹介して会員数を増やして
いるということですよね。


製品の流通量が増えるなら、売上も伸びていく
わけですし、

新たな会員がどんどん参加してくるなら、
会員数も増えていくわけですね。



ところがどうでしょう。

この10年間、売上も増えているわけでもなく、

会員数もどんどん増えているわけでも
ないのです。



アムウェイ社としてみれば、
失われた20年などというくらいの
日本経済の長期的低迷傾向を背景と
しているのですから、それほどの問題では
ないのかもしれないです。


一方、ディストリビューターの立場の
浮き沈みを見ていると、
新たに伸びていく人と、
やめていく人が、交互に現れては、
消えていく景色を思わざるを得ませんね。

アムウェイ グループ2


トップグループのディストリビューターの数も
それほど変わりなく、むしろ減少して
いることを見ても、華々しく成長している
人が出る代わりに沈んでいく人が
出ていることでしょう。


成績別ボーナス報酬の3%さえ
もらえない、6割のディストリビューター
のことを考えると、何ヶ月でやめるかを
予想したくなりますね。



稼ぐことができない人が、やめていくのは、
自然の流れでしょう。

グループ崩壊もこんな背景があって
下から崩れる形で、押し寄せてくるのは
避けられないかもしれないですね。


稼げること、会社も成長を続けること
こういう見方がネットワークビジネスにも
求められているのは、至極当然のことだと思います。



クチコミ勧誘なしで100人を集客する驚異の手法




こちらをクリック↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html
スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?