FC2ブログ

【シンプル】アムウェイの仕組みは図解するとこうなる

クチコミ勧誘なしで100人をリクルートする方法



アムウェイ仕組みは、会社とディストリビューターによる
関係を図解することから理解しましょう。

図解社員とディストリビューター



会社  社員   普通の業務をする人

   販売員  ディストリビューター

   


会社は製品を製造する部分と、販売する部分を持っています。

販売手法をネットワークビジネスという、形態をとっています。

ネットワークビジネスというものは

製品を流通させる手段

いい製品  人が使う、 いいものと実感する


、身近の人に伝える


そのことで、伝えられた人が、製品を使う

マージンが入る、


これの繰り返しで、製品が広まり、

手数料や紹介料が入る人が増えていく

という構造です。

商品とディストリビューター



このアムウェイのディストリビューターの仕組みには
二つの面があります。


ひとつは、製品を消費する消費者としての面

もう一つは、手数料が入るビジネスとしての面です。





この二つの面は、それぞれに良い点と問題点を
抱えているようです。

消費者としては、いい商品が直接自宅にいながら
毎月定期的に手に入り、充実したライフスタイルが築けるといった
いい点があります。

ビジネスとしてのいい点は、
会社に決まった時間に通勤したり、上司や上役のいる
事務所で一定の時間拘束されたりしないで、
パートタイムの収入を得るようにお金を稼ぐことができる。

人の関係が広まるにつれ、やがて自分だけの働きからだけではなく
人の働きからも収入が入るシステムを手に入れられるようになる。

アムウェイ 仕組み 図解



消費者としての問題点は、

毎月定期的に使うものは、決まり切ったものを使うだけでは
満足できないこと、たとえ、世界で一番優れたものがあったと
しても、選択の自由はあったほうがいいですね。


もっとも世界で一番優れたものは、常に更新されていますよね。

日用品だけに限ってもすべての製品が世界一であることなど
ありえません。


ビジネスとしての問題点は、

身近な人は、限りがあるのは当たり前のことです。

収入が人の数で決まるのだから、人数が増えなければ
収入も増えない。

どうやったら、製品を伝えることに成功できるのか
そのノウハウが難しいこと。



こうした従来のネットワークビジネスの問題点を
次々に解決して、身近な人に代わるあたらしい見込み客を
全国から毎日のように集め、人数を増やし続けている
グループもあるようですよ。


製品は、無理に世界一を狙うより、
あなたを満足させることに焦点を絞り、
毎月の購入額も食卓におかずを一品増やす程度だと言われます。


こんな都合の良い、ネットワークビジネスの手法が
わかりやすく図解されていますよ。


クチコミ勧誘なしで100人をリクルートする方法




こちらをクリック ↓
http://www.kyu-sapo.biz/bz/1231089/biz01.html



スポンサーサイト



Comment 0

WHAT'S NEW?